MENU

ブルーライト対策のサプリを紹介

ブルーライトを対策できるサプリメントを紹介します。

 

  • パソコンを使うデスクワークの方
  • スマホを毎日触っている方
  • 携帯ゲーム機でよく遊ぶ方
  • ずっとテレビを見てる方

 

これらに当てはまる方は目を酷使している可能性が高いです。
ブルーライトによって目がダメージを受けているかもしれません。

 

目の疲れがとれなかったり、偏頭痛や肩こりに悩んでいる方はブルーライト対策を考えてみてください。
ここからブルーライト対策におすすめのサプリメントを紹介します。

ブルーライト対策におすすめのサプリメントランキング

 

めなりの特徴

めなりはブルーライトからしっかりブロックしてくれる成分である、ルテインアスタキサンチンやビルベリーが豊富に含まれているサプリメントです。

吸収されやすい純粋なルテインだから高い効果を感じやすいのも特徴です。


他にもビタミン・ミネラルがたくさん含まれているのに初回907円という圧倒的なコスパで人気です。

価格 907円
評価 評価5
備考 圧倒的コストパフォーマンス
めなりの総評

とにかくコストパフォーマンスが高いのが特徴的

初回であれば、公式サイトからの購入で77%オフの907円(税込)で購入できます。


定期コースでの購入になりますが、定期縛りもないので効果を感じなければ、初回を試して解約するのもOK。


まずは使ってみることをオススメします。

 

 

えんきん

えんきんの特徴

えんきんのサプリメントは手元のピント調節機能を助けてくれると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが豊富に含まれているのも特徴的。


機能性表示食品なので、高い効果が期待できます。

価格 1,000円
評価 評価4.5
備考 人気のえんきんのお試し購入
えんきんの総評

2週間分のお試しセットを1,000円で購入できて、さらに2週間分がプレゼントされてるキャンペーン中!

つまり、1ヶ月分を1,000円でお試しできるのでとってもお得に使えるチャンス!


期間限定なのでお見逃しなく。

 

 

くっきりルテインの特徴

くっきりルテインにはルテインが20mg配合されているサプリメントです。

ブルーライトだけでなく、紫外線からも守ってくれるルテインをしっかりと配合することで目を守る効果が期待できるとされています。


年齢とともに減少するステインをリフレのくっきりルテインで補給しませんか?

価格 1,000円
評価 評価4
備考 ルテイン20mg配合
くっきりルテインの総評

くっきりルテインは初回1,000円で購入できるルテインを補給するためのサプリメントです。

加齢とともに物がぼやけて見えたり、デスクワークで目を酷使している方にはオススメできるサプリメントでしょう。


2回目以降も1,535円で購入できる定期コースがオススメです。

 

 
クッキリンの特徴

クッキリンにはブルーライトに効果的なマキベリーが豊富に入っています。

マキベリーにはブルーベリーの14倍ものポリフェノールが入っているのでブルーライトによるダメージを軽減してくれます。


さらに、ルテイン・ビタミンC・プロポリスも配合されているのでデスクワークやスマホのブルーライトに悩まされている方にオススメです。

価格 980円
評価 評価4
備考 初回78%オフの980円!
クッキリンの総評

クッキリンは公式サイトからも申し込みで初回78%オフの980円で購入できます。

4ヶ月の定期縛りがあるので、本気でブルーライト対策をしたいという方向けのサプリメントです。

スーパーフードであるマキベリーが豊富に入っているのはクッキリンだけ!

ブルーライトってなに?

ブルーライトってなに?

ブルーライトって聞いたことはあるけど、よくわからないという方も多いと思います。
眼鏡屋さんではブルーライトカットメガネなどの商品も多く見かけますが、ブルーライトとはどういうものでしょうか。

 

ブルーライトとはその名前の通り、青い光のことです。

 

ヒトが見ることができる光の中でももっとも波長が短く、強いエネルギーを持っている光です。
紫外線の次に強い光の為、目の角膜や水晶体で吸収されず目の深部の網膜まで到達します。

 

目に直接的なダメージを与え、目の乾燥やかゆみ、視力低下や最悪の場合、失明にもつながるリスクがあります。

 

ブルーライトは日常に普及しており、毎日ほとんどの人が何時間も使用するスマートフォン・パソコンなどのLEDディスプレイやLED照明にはこのブルーライトが多く含まれています。
数十年前と比較すると、LEDが普及した現在、日常生活におけるブルーライトの及ぼす眼や体への大きな負担が問題視されるようになりました。

 

ブルーライトが与える影響は?

ブルーライトが与える影響は?

ブルーライトが身体に与える影響はとても大きいです。

 

  • 目が疲れる
  • 肩や首が凝る
  • 睡眠の質が下がる
  • 太りやすくなる

 

これらの影響があると言われています。

目が疲れる

ブルーライトの一番の影響は目の疲れに出るとされています。

 

ブルーライト波長が短いので錯乱しやすく、脳がピントを合わせることに苦労します。
ピントを合わせようとして瞳孔を縮めたり、伸ばしたり激しく動かすのでとても目が疲れます。

 

首や肩が凝る

デスクワークなどで目を酷使すると目の周辺の筋肉が疲労します。
筋肉疲労は目の周囲にとどまらず、首や肩に広がっていきます。

 

首や肩の筋肉が疲労すると神経が緊張して血のめぐりが悪くなり、肩こりや首の凝りが生じます。

 

そのまま放っておくと、老廃物や発痛物質が滞り、どんどん悪化してしまいます。

 

睡眠の質が下がる

ブルーライトを過剰に浴びると睡眠の質が低下してしまいます。

 

特に、夜にブルーライトを浴びると自律神経や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。

 

これは、ブルーライトを浴びることで脳が朝であると勘違いをしてしまうからです。

 

ブルーライトには睡眠に関係するホルモンである、メラトニンの分泌を抑制してしまう働きがあるからです。

 

太りやすくなる

ブルーライトの影響は肥満にもつながります。

 

ブルーライトを浴びると、サーカディアンリズム(体内時計)が乱れます。
これは上記で解説したように脳が勘違いをしてしまうからです。

 

サーカディアンリズム(体内時計)が乱れてしまうと、血糖値を下げるインスリンの働きが低下したり、血圧の乱れにもつながります。

 

これらが総合して、ブルーライトを過剰に浴びることで太りやすい体質になってしまうということです。

ブルーライトによる疲れに目薬は効果あるの?

ブルーライトによる疲れに目薬は効果あるの?

ブルーライトによる疲れ目などに目薬は効果があるのか気になっていると言われました。

 

結論からいうと、ブルーライトによる疲れ目や眼精疲労にも目薬は効果があります。
大事なのはどんな目薬を選ぶかです。

 

ブルーライトによる目のダメージはピント調節機能角膜の組織細胞がダメージを受けています。

 

ピント調節機能を助けるために

ブルーライトによって毛様体筋という筋が凝り固まります。これがピント調節機能を低下させます。
これが疲れ目としてでたり、眼精疲労と呼ばれる症状につながります。

 

悪化すると、首や肩の凝りにもつながってくるので早めに対処しましょう。

 

ピント調節機能を補修するために有効な成分は

  • ネオスチグミンメチル硫酸塩
  • ビタミンB12

が効果的に働きます。

 

角膜の組織細胞を助けるために

ブルーライトによって角膜を刺激します。
長時間ブルーライトを浴び続けると、角膜がダメージを受け目の奥が痛いという現象が起きてきます。

 

目の奥が痛い原因の多くはブルーライトによるダメージです。

 

これを放置し続けると、偏頭痛などにもつながるので早めに対処するほうが良いでしょう。

 

角膜を保護し、補修するのに有効な成分は

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
  • ビタミンB6

が効果的です。

 

目薬のまとめ

ブルーライトによる目のダメージに効果のある目薬のまとめとしては

専用の目薬を使う

ということです。

 

目薬の種類はとても多く販売されています。
その中でもブルーライトによるダメージに効果的な成分が配合されている目薬が販売されています。

 

代表的なもので

などが挙げられます。